【コスパ】沖縄リゾートホテルランキングTOP7 >>

「寅年」にちなんだ海の生き物6選!沖縄美ら海水族館で見つけたトラ

「寅年」にちなんだ海の生き物6選!沖縄美ら海水族館で見つけたトラ

2022年の干支(えと)、寅(とら)年にちなんだ海の生き物を「美ら海水族館」で見つけてきました。

あなたは寅年の「トラ」にちなんだ海の生き物、なにか思いつきますか?

 

今回の記事では6つ、ご紹介します。

どんな生き物がいるか想像しながら、読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク

【寅(とら)年】にちなんだ海の生き物を「美ら海水族館」で見てきた@沖縄

沖縄美ら海水族館の寅年にちなんだ海の生き物

沖縄県にある「美ら海水族館」では、新年にお正月用の特別展示がおこなわれます。

正月水槽

  • 開催日:2022年1月1日~
  • 場所:美ら海水族館(沖縄県本部町)
    GoogleMapで開く
  • 展示場所:サンゴ礁への旅個水槽 サンゴ礁の小さな生き物コーナー
  • 料金:入館料のみ

 

お正月休みに美ら海水族館を訪れる方は、ぜひじっくり観察してみてくださいね。

毎年、特別展示がおこなわれるはずです。

グミ
グミ

季節ごとの展示、いつもわくわくします。

 

入館料については以下をご覧ください。


・一般料金
(開館~16時まで)大人1,880円、高校生1,250円、小・中学生620円、6歳未満:無料
・4時からチケット(16時~入館締切)大人1,310円、高校生870円、小・中学生430円、6歳未満:無料

1.ハワイトラギス

まずはお正月水槽の展示から見てみましょう。

 

最初に見つけたのは、

ハワイトラギス

ハワイトラギス

ハワイトラギス

ハワイトラギス

トラギスの仲間の「ハワイトラギス」

トラギスはトラのような横縞(しま)模様が特徴です。

お魚の縞模様の向きは、背骨と平行な線は縦縞、背骨と垂直な線は横縞です。お魚を釣り上げたとき(頭が上、しっぽが下)に見える向きで判断すると分かりやすいですね。

 

ハワイトラギスは白い体に赤い横しまがあります。

紅白カラーでおめでたい雰囲気!

 

美ら海水族館ではほかにも以下のトラギスが展示されています。(2022年1月現在)

  • オグロトラギス
  • ホムラトラギス
  • ヤマユリトラギス

ぜひ探してみてくださいね。

2.ツマジロオコゼ

ツマジロオコゼ

ツマジロオコゼ

「ツマジロオコゼ」が隠れています。

オコゼは漢字で「虎魚」と書きます。

 

ツマジロオコゼはハオコゼの仲間です。

ハオコゼは、漢字では「葉虎魚」と書きます。

 

ツマジロオコゼはこげ茶色で、枯れ葉っぽい見た目ですね。

海で出会っても、気がつかないかもしれません。

 

美ら海水族館にはオニダルマオコゼもいますよ。

サンゴ礁に生息する危険な生き物として展示されています。

3.コガネシマアジ

コガネシマアジ

コガネシマアジ

「コガネシマアジ」の幼魚(子ども)です。

黄金色に黒いしましまがくっきり!

まさにトラ柄ですね。

 

コガネシマアジは成長すると体の色が変わります。

体は銀色、模様は薄くなったり、消えたり、黒い点々になったりします。

 

沖縄県では食べられています。

シマアジは大きなアジで、1メートル以上になることも。

 

成長したコガネシマアジは、ジンベエザメのいる「黒潮の海水槽」で見ることができます。

4.トラフシャコ

トラフシャコ

トラフシャコ

トラフシャコ

トラフシャコ

このシャコは「トラフシャコ」という名前です。

トラのような黄色と黒色のしま模様が特徴。

 

大きさは最大で全長40センチにもなるとか。

トラフシャコは世界最大のシャコといわれています。

5.トライビ(ニシキエビ)

トライビ(ニシキエビ)

トライビ(ニシキエビ)

ニシキエビは沖縄名で「トライビ」と呼ばれています。

触角と脚が、黄色と黒色の縞模様。

トラ柄っぽい!

 

トライビ(ニシキエビ)はイセエビのなかで大型のエビです。

全長60センチ以上になることも。

食べてもおいしい、高級食材です。

6.トラフザメ

トラフザメ

トラフザメ(成魚)

ジンベエザメがいる大きな水槽で「トラフザメ」を見つけました。

 

トラフザメの幼魚(子ども)は黒地に白のトラ柄です。

漢字で書くと「虎斑鮫」

ちなみに英名はゼブラシャーク(シマウマ柄のサメ)。

ともに子どものときの柄が名前の由来ですね。

 

トラフザメの模様は成長すると、ヒョウ柄になります。

ヒョウ柄は大きな水槽のなかでも目立っていました。

 

美ら海水族館にはほかにも、イズハナトラザメがいます。

番外編.そのほかの「寅年」にちなんだ海の生き物

名前に「とら」がつく海の生き物はほかにもいます。

  • オグロトラギス
  • サンゴトラザメ
  • ダンダラトラギス
  • ナガサキトラザメ
  • トラウツボ
  • トラザメ
  • トラフカラッパ
  • トラフグ
  • トラフコウイカ
  • トラフナマコ
  • タイガーオスカー
  • タイガーゴビー
  • タイガージョーフィッシュ
  • タイガープレコ
  • アカボシハナゴイ(英名:TigerQueen Anthias など
グミ
グミ

トラ柄の海の生き物はたくさん!

わたしは「寅年」にちなんだ海の生き物といえば、「トラフグ、トラウツボ、トラフカラッパ」を思いつきました。

しかし美ら海水族館では見つけられませんでした。

 

今年は海の中で「寅年」にちなんだ生き物を見つけたいです!

【初心者OK】沖縄本島のシュノーケリングスポットおすすめランキング

まとめ:「寅年」にちなんだ海の生き物を美ら海水族館で探してみよう

美ら海水族館

以上、「寅年にちなんだ海の生き物6選!沖縄・美ら海水族館で見つけた魚たち」についてご紹介しました。

  • ハワイトラギス
  • ツマジロオコゼ(虎魚・おこぜ)
  • コガネシマアジ(トラ柄)
  • トラフシャコ
  • トライビ(沖縄)
  • トラフザメ

トライビやトラフザメなど、常設で展示されている生き物もいます。

 

グミ
グミ

寅年にちなんだ生き物探し、ぜひトライしてみてくださいね!

窓口に並ばず買えるWEBチケットを事前に買うとスムーズに楽しめますよ。

 

中学生以下は入場料金無料のプラネタリウムもあわせてどうぞ。

【海洋文化館】美ら海水族館近くのプラネタリウムに行くべき3つの理由

\すべての沖縄記事をみる/
ABOUT ME
グミ

沖縄・本島在住(2019年~)
好きなものはビールと沖縄そば。沖縄在住者と旅行者、沖縄好きな方に向けて、沖縄情報をメインに発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /
沖縄観光スポット
\この記事をSNSでシェアする/
スポンサーリンク
るるぶを無料で今すぐ読む

最強ガイドブックの「るるぶ沖縄」はKindle Unlimited 読み放題の対象です!30日間無料体験なら完全無料で「まっぷる沖縄」など200万冊以上も読めますよ。読書の秋にも♪

国内旅行はJALパックがお得♪

タイムセールでさらにお得!最大30,000円割引クーポン配布中。予約者限定の「びっくりオプション」は100円からバスツアーや観光体験が楽しめますよ♪

遊び体験・チケット予約を安く!

アソビューは日本最大級の遊び予約サイトで、割引プランがたくさん!とくにシュノーケリングやダイビングライセンス取得は格安。最安値保証あり♪

沖縄のグミブログ