【沖縄お得技】沖縄のキャンペーン・クーポンまとめ >>
 
宿泊最大50%OFF!県民割クーポン配布中→(るるぶ楽天じゃらんJTB近ツー)※8/31まで延長
 

沖縄美ら海水族館の見どころについて解説【行く前にチェック】

沖縄美ら海水族館についてまとめ

沖縄美ら海水族館に行く前に知っていれば、もっと楽しくなるポイントをまとめました。

割引チケットなどのお得情報や穴場の見どころなど。

 

グミ
グミ

沖縄美ら海水族館が大好きで、1年に何度も訪れているわたしがお伝えします!

 

海洋博公園内の無料スポットも、あわせて紹介しています。

沖縄美ら海水族館を目いっぱい楽しみたい方は、ぜひ参考に読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

沖縄美ら海水族館について5つのポイントまとめ!2022年最新版

沖縄美ら海水族館のそらとぶピカチュウ

入り口のウミンチュゲートにはピカチュウ

沖縄美ら海水族館は、沖縄観光で外せない大人気スポットです!

いちばんの見どころは大きな水槽で優雅に泳ぐジンベエザメやマンタですが、ほかにも多くの魅力があります。

そこで、行く前に知っておきたい5つのポイントをご紹介します。

水族館の周辺情報にも注目ですよ。

1、割引クーポンや前売りでチケット料金を安く

沖縄美ら海水族館の入館料金
通常料金(8:30~16:00)4時からチケット
(16:00~入館締切)
大人1,880円1,310円
中人(高校生)1,250円870円
小人(小・中学生)620円430円
6歳未満無料無料

沖縄美ら海水族館は、予約なしでOK。

当日、水族館で入館チケット買って入ることができます。

 

しかし、入館チケットを前もって買うと、割引価格でとってもお得!

  • アソビュー!WEBチケット(初回10%割引)
  • イオンモール沖縄ライカムで購入(400円割引)※最安
  • 道の駅許田で購入(280円割引) など
※大人1枚の割引額です。

 

グミ
グミ

わたしは年パスを持っています。

2回分の入館料金なので、1年に2回以上は行く人にはお得です!

1年に1回ならお手軽で安いのは、WEBチケットですね。

 

また、ホテルや旅行会社では、沖縄美ら海水族館のチケット付きのお得な宿泊プランや沖縄観光チケットなどが用意されていますよ。

 

ほかにもお得な割引チケット情報については、以下で詳しくまとめています。

沖縄美ら海水族館の割引チケット料金とクーポン【2022年版】

2、ジンベエザメをじっくり観察

沖縄美ら海水族館のジンベエザメ

優雅に泳ぐジンベエザメ

沖縄美ら海水族館の人気者といえば、ジンベエザメです。

世界最長の飼育期間を更新し続けていて、2022年で27年になりました。

 

ジンベエザメの餌やりは迫力満点!

毎日2回おこなわれます。

日時:15:00、17:00
場所:「黒潮の海」水槽
ジンベエザメの立ち泳ぎが見られるのは、餌やりのときだけなので見逃せませんよ。

 

沖縄美ら海水族館のジンベエザメが見えるカフェ

「黒潮の海」水槽の横(写真右)はカフェ

ジンベエザメは大きな水槽「黒潮の海」前だけでなく、「美ら海シアター」や下から見られる「アクアルーム」、さらに「黒潮探検」では上からも観察できます。

グミ
グミ

わたしのおすすめは、水槽横のカフェ「オーシャンブルー」。

コーヒーやビールを飲みながら、魚たちをじっくり眺められます。

 

沖縄美ら海水族館のジンベエザメについては、以下で詳しくまとめています。

【2022】美ら海水族館のジンベエザメは今何匹?名前や大きさなども

3、見どころたくさんで海も美しい

沖縄美ら海水族館から見える海

沖縄美ら海水族館から眺められる海

沖縄美ら海水族館は多くの見どころがあります。

 

グミ
グミ

なかでもわたしの好きな穴場のスポットは以下の3つ。

  • サンゴの海水槽を真上から見る
  • 黒潮探検(水上観覧コース)
  • 亀の浜・カーミヌハマ(海)

 

沖縄美ら海水族館の「サンゴの海」水槽

水族館の「サンゴの海」水槽

沖縄美ら海水族館の「サンゴの海」水槽

上から見た「サンゴの海」

「サンゴの海」水槽は屋根がないので、真上から見ることができます。

見られる場所は入り口(海人門)からエスカレーターを降りる手前、右手です。

わたしはよくシュノーケリングしますが、本物の沖縄の海を上から見たかんじです。

 

沖縄美ら海水族館の黒潮探検(オニイトマキエイとナンヨウマンタの見分け方)

黒潮探検からの眺め

黒潮探検ではジンベエザメのいる「黒潮の海」水槽を上から観察できます。

予約不要で以下の時間に見学できますよ。

  • 8:30~11:00(入場締切10:45)
  • 17:30~閉館まで(入場締切は閉館15分前まで)

迫力満点のジンベエザメやマンタが見られます。

 

沖縄美ら海水族館の海

亀の浜・カーミヌハマ

亀の浜・カーミヌハマは美ら海水族館すぐ目の前、マナティー館の奥にあります。

伊江島が見える絶景ビーチです。

思わず写真を撮りたくなるような美しいグラデーションの海が楽しめますよ。

 

グミ
グミ

3つともぜひ忘れずに立ち寄ってみましょう!

 

沖縄美ら海水族館すぐの海については、以下で詳しくまとめています。

美ら海水族館すぐの海3選!エメラルドビーチ等歩いて行ける穴場の海

4、お土産がかわいい!種類もたくさん

沖縄美ら海水族館のお土産

ぬいぐるみキーホルダー

沖縄美ら海水族館を訪れたら、お土産を忘れてはいけません。

かわいいオリジナルグッズが種類豊富!

ぬいぐるみやキーホルダーなどは、とくに人気があります。

  • キーホルダー
  • ぬいぐるみ
  • 限定ガチャ(カプセルフィギュア)
  • Tシャツ
  • 沖縄のお菓子 など
グミ
グミ

ジンベエザメのグッズがたくさん!

海の生き物の書籍コーナーや記念メダルも充実していて、見るだけでも楽しめますよ。

 

お土産は水族館の出口と直結しているショップ「ブルーマンタ」だけでなく、「オキちゃんショップ」などでも買えます。

公式オンラインショップもあり。

 

沖縄美ら海水族館のお土産については、以下で詳しくまとめています。

【2022】美ら海水族館のお土産人気12選!ぬいぐるみやお菓子など

5、イルカショーなど無料でも遊べる

沖縄美ら海水族館のオキちゃん劇場(イルカショー)

オキちゃん劇場(イルカショー)

 

実は、沖縄美ら海水族館はタダでもたっぷり楽しめます。

館外にある以下はすべて無料!

  • オキちゃん劇場(イルカショー)
  • イルカラグーン
  • ウミガメ館
  • マナティー館
  • 美ら海プラザ(骨格標本など)

イルカやマナティーの親子、ウミガメは入館料を払うことなく観察できますよ。

グミ
グミ

1日5回のイルカショーも無料!

水族館をゆっくり見る時間はないけど沖縄で海の生き物を見たいという方も、気軽に立ち寄れますね。

 

立体駐車場と水族館の間には「ちびっことりで」という大きなネット遊具も。

子どもが無料で遊べる日本最大級のアスレチックです。

 

海洋博公園の熱帯ドリームセンター

「熱帯ドリームセンター」遠見台からの眺め

さらに、水族館と同じ敷地の海洋博公園内にある以下の施設は、中学生以下なら無料。

  • 海洋文化館・プラネタリウム
  • 熱帯ドリームセンター

ほかにも「夕陽の広場アクアタウン」や「おきなわ郷土村・おもろ植物園」など、魅力あふれるスポットはまだまだたくさんあります。

1日ですべて行くのはむずかしいかもしれません。

 

わたしおすすめの「海洋文化館・プラネタリウム」については、以下で詳しくまとめています。

【海洋文化館】美ら海水族館近くのプラネタリウムに行くべき3つの理由

沖縄美ら海水族館の施設詳細

沖縄美ら海水族館のラッピングカート電気遊覧車

海洋博公園内の電気遊覧車

沖縄美ら海水族館
住所〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川424
地図GoogleMapで開く
アクセス那覇空港から車で約2時間(高速道路利用)
営業時間・通常期(10月~2月)8:30~18:30(入館締切17:30)
・夏期(3月~9月)8:30~20:00(入館締切19:00)
定休日毎年12月第1水曜日とその翌日
利用料金・通常料金:大人/1,880円、中人(高校生)/1,250円、小人(小・中学生)/620円、6歳未満/無料
・4時からチケット:大人/1,310円、中人(高校生)/870円、小人(小・中学生)/430円、6歳未満/無料
予約サイト沖縄美ら海水族館の前売りチケットを見てみる(アソビュー!)
電話0980-48-3748
駐車場無料駐車場あり
WEBHP
沖縄美ら海水族館(海洋博公園)の駐車場はすべて無料です。水族館にいちばん近いのは、P7の立体駐車場。P7は屋根があるので、日差しの強い日も雨の日もおすすめです。

まとめ:沖縄美ら海水族館は1日たっぷり遊べる!沖縄旅行の大人気観光スポット

沖縄美ら海水族館の水槽

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

「沖縄美ら海水族館の行く前にチェックしたい5つのポイント」についてお伝えしました。

  • 前売りの割引チケットでお得に
  • ジンベエザメの餌やりは必見
  • 水族館すぐ目の前の海にも行ける!
  • お土産はぬいぐるみが人気
  • 無料で楽しめるスポットが大充実

沖縄美ら海水族館は見どころ満載です。

何度訪れても楽しめますよ!

ぜひ沖縄本島を訪れるたびに、立ち寄ってみてくださいね。

\すべての沖縄記事をみる/
営業時間や料金、内容は変更する可能性があります。必ずご自身で最新情報を公式サイトなどでご確認ください。
スポンサーリンク
ABOUT ME
グミ

沖縄・本島在住(2019年~)
好きなものはビールと沖縄そば。沖縄旅行者に向けて、旅のお役立ち情報やお得情報をメインに発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /
沖縄観光/アクティビティ
スポンサーリンク
沖縄のグミブログ