【コスパ】沖縄リゾートホテルランキングTOP7 >>

【実体験】沖縄で蚊がいない時期は?いつからいつまで刺す?蚊対策付

【実体験】沖縄で蚊がいない時期は?いつからいつまで刺す?蚊対策付
グミ
グミ

沖縄で2月に蚊に刺されました。

寒い時期に蚊に刺されるとは、思ってもみませんでした。

沖縄に蚊のいない時期はあるのでしょうか。

 

今回の記事では「沖縄の蚊」について調査しました。

蚊は沖縄方言で「ガジャン」と呼びます。

 

沖縄に住んでいて虫に刺されやすい、わたしの実体験もお伝えします。

沖縄の蚊の活動時期が知りたい方は、ぜひ読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

沖縄で蚊がいない時期は?寒い11月後半から2月はいない!?

沖縄で蚊がいない時期は?寒い11月後半から2月はいない!?

沖縄で蚊がいた場所

蚊は暑い「夏」にたくさんいるイメージですよね。

一般的に蚊がたくさん発生する時期は、4月から11月中旬頃です。

 

沖縄は暑すぎて蚊がいないと思っている方もいるかもしれません。

たしかに日本にいる蚊は、気温が35℃以上(または15℃以下)になると動きが鈍くなると言われています。

気温が15℃以上になると、蚊は動き出します。

蚊が活発に活動する気温は「20~30℃くらい」です。

 

沖縄では夏に最高気温が35℃を超える日は少なく、冬の最低気温は15℃前後です。

よって、暖かい気候の沖縄で蚊がいない時期はありません。

沖縄が冷え込む11月後半から2月頃でも、環境によって蚊は活動しています。

 

蚊の種類について

・ヤブカ(ヒトスジシマカなど)
やぶや木陰など外にいる蚊。おもに朝か昼すぎから夕方にかけて活動します。黒色に白い縦線が特徴。ヒトスジシマカは気温が25~30℃くらいに活発に吸血します。ネッタイシマカは気温が35℃でも湿度が高ければ活発だとも言われています。

・イエカ(アカイエカなど)
家のなかに入ってくる蚊。おもに夕方から夜にかけて活動します。色は薄い茶色。アカイエカは気温が20~30℃くらいに活発に吸血します。

沖縄の蚊はいつからいつまで刺す?実体験をお伝えします

南国の沖縄の蚊は、いつからいつまで刺すのでしょうか。

わたしの実体験とネットの口コミをお伝えします。

実体験!沖縄では1年中いつでも蚊に刺される

実体験!沖縄では1年中いつでも蚊に刺される

沖縄で蚊がいた場所

南国の沖縄では冬の寒い時期でも、蚊をはじめとした虫がたくさん出現します。

余談ですが、冬にたくさん発生していた「マダラコオロギ」には何度もこわい思いをさせられました。

 

沖縄の蚊についてですが、寒い時期なら街中では、あまり刺されないと思います。

実際にわたしは、冬の街では刺されたことがありません。

ですが、1月や2月の肌寒い日、

  • 海すぐの植物が生い茂る小道
  • トレッキング中の林道(やんばるの森)

では何度も刺されました。

しかも、薄手の長袖パーカーの上から。

寒い時期は、つい虫よけスプレーするのを忘れてしまいます。

虫よけスプレーをしていたら刺されなかったかもしれません。

 

暖かい時期、とくに3月~10月は蚊がたくさん発生しています。

油断しているとすぐに刺されます。

 

沖縄で蚊がいた場所

亜熱帯の沖縄の蚊は、どうやら森や植物が生い茂る湿気の多いところで年中活動しているようですね。

沖縄の野外で遊ぶとき、蚊が心配な方は寒い時期でも、厚手の洋服や虫よけスプレーで蚊対策を徹底しましょう。

沖縄の蚊は冬でも活動してる!?ネットの口コミ

冬に沖縄で蚊を目撃した方の声をネットから集めました。

沖縄の11月!蚊の目撃情報

引用:Twitter

引用:Twitter

引用:Twitter

沖縄の12月!蚊の目撃情報

引用:Twitter

引用:Twitter

引用:Twitter

沖縄の1月!蚊の目撃情報

引用:Twitter

引用:Twitter

引用:Twitter

沖縄の2月!蚊の目撃情報

引用:Twitter

引用:Twitter

引用:Twitter

沖縄の3月!蚊の目撃情報

引用:Twitter

引用:Twitter

引用:Twitter

 

SNSでは、冬の沖縄でも多くの方が蚊に刺されていました。

沖縄では1年中、蚊がいることが分かります。

とくに夏のように暖かい日もある3月に入ると、普通にいるようです。

虫に刺されやすい方や自然が多い場所に行く方は、寒い冬も蚊対策を忘れずに。

沖縄での蚊対策おすすめグッズ!刺されやすい私の愛用品

沖縄での蚊対策おすすめグッズ!刺されやすい私の愛用品

沖縄で蚊がいた場所

蚊対策おすすめグッズをご紹介します。

 

蚊の種類によっては、デング熱や日本脳炎などの感染症も媒介します。

沖縄ではほぼ1年中、虫除けケアが必要です。

 

とくに蚊に刺されやすいと言われている、

  • 汗をかきやすい人
  • 体温が高い人
  • 肥満・太り気味の人

は、蚊に刺されないようにしっかり対策しておきましょう。

 

蚊対策をするか迷う方は、アース製薬と日本気象協会が共同開発した「蚊ケア指数」も参考にチェックしてみてくださいね。4月頃から提供予定です。

おすすめ蚊対策グッズは「イカリジン配合の虫除けスプレー」

わたしが愛用している蚊対策グッズは、イカリジン配合の虫除けスプレーです。

もともとオーガニックの虫除けを使っていたのですが、スプレーしてもたまに刺されていました。

ところが、イカリジン配合の虫除けに変えてからは、スプレーしていたらほぼ刺されていません。

 

車には大き目サイズ、カバンには小さめサイズを常備しています。

お肌にやさしく、オーガニックより長い時間ケアできて便利です。

蚊よけにおすすめ虫除けスプレーを成分別に3つ紹介!イカリジン等

以下は2021年2月22日より発売の新しいバージョンです。

 

 

大人よりも体温が高い赤ちゃんも虫除けケアが必要です!

赤ちゃんは体温が高いため、蚊対策をしたほうが良いでしょう。

イカリジン配合のスプレーもいいですが、天然由来の「国産オーガニックの虫除け」もあります。

日焼け対策も同時にできて便利なので、とくに赤ちゃんはこちらでケアするのもいいですね。

1本で日焼け止め&アウトドア対策【アロベビー国産オーガニックUV&アウトドアミスト】

その他の蚊対策は「長袖・長ズボン」!虫を寄せ付けない服も

蚊対策の基本は、素肌を出さないことです。

蚊の多い森や川に行くときは「長袖、長ズボン、スニーカー」にしましょう。

 

蚊は黒など、暗い色に集まる傾向があります。

できるだけ蚊の嫌う、白に近い色の服を選ぶように心がけましょう。

 

ワークマンからは、虫が寄り付きにくい加工が施されたウェア も登場しています。

アウトドアウェア用に1着持っておくと安心ですね。

まとめ:沖縄では蚊がほぼいない冷えこむ時期でも刺される場合がある

以上、「沖縄で蚊がいない時期は?いつからいつまで刺す?蚊対策も」についてお伝えしました。

  • 沖縄で蚊がいない時期はない
  • 沖縄の蚊は冬でも活動中
  • 蚊対策にはイカリジン配合虫除けスプレー

沖縄では寒い時期でも蚊に刺される可能性があります。

冬でも森や川の近くは注意が必要です。

 

沖縄の蚊は、とくに3月~10月頃たくさん発生しています。

虫に刺されやすい方は蚊よけ対策をしっかりして、沖縄の自然をたっぷり楽しみましょう。

【保存版】沖縄観光の裏ワザ16選!沖縄旅行を100倍楽しむコツ

 

\すべての沖縄記事をみる/