【期間限定】Amazon Audibleの無料体験でオーディオブック1冊プレゼント中 >>

コマカ島のシュノーケルが人気の秘密3つを公開!お魚情報つき@南城市

スポンサーリンク
コマカ島のシュノーケルが人気の秘密を3つ公開!お魚情報つき@南城市沖縄
Kindle Unlimitedが30日無料キャンペーン中!雑誌や漫画などが、スマホやPCで読み放題!旅行ガイドブックや英会話本も豊富で旅行好きにおすすめ!お得な2カ月キャンペーンも要チェック!

▼グミのおすすめ度
9.0

  • きれいなビーチでのんびりしたい
  • カラフルな魚と泳ぎたい…
  • 短い時間でも楽しめる離島ってあるの?

沖縄旅行が決まったら、こんなことを考える方も多いはず。

そんな方におすすめしたいのは「コマカ島」です。

コマカ島は一周約800m。

とっても小さな無人島。

ポイントは、

  • 青く透き通る海と白い砂浜!
  • カラフルなお魚がたくさん
  • 沖縄本島南部からボートで約15分

です。

コマカ島は、シュノーケリングスポットとしても人気です。

今回の記事では、コマカ島のシュノーケルが人気の秘密を3つご紹介します。

沖縄本島から気軽に行ける無人島でリフレッシュしたい方は、ぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

コマカ島って?

  • 海鳥しかいない無人島
  • 周囲800mの小さな島
  • 島内の設備はトイレのみ
  • 本島からボートで約15分

コマカ島は、小さな無人島です。

沖縄県南城市にある知念海洋レジャーセンターが管理。

知念海洋レジャーセンターから、ボートに乗って約15分で到着します。

グミ
グミ

気軽に行けてうれしい!

コマカ島のトイレ

コマカ島のトイレ

コマカ島にある設備は、トイレのみ。

島に売店などはないので、必要なものは事前に準備して持って行きます。

知念海洋レジャーセンター港にある店舗で、購入やレンタルできます。

コマカ島の看板

コマカ島は、とくに個人でも楽しめるシュノーケルが人気の島です。

海に入ると、カラフルな魚がたくさん集まってきます。

グミ
グミ

ニモにも会えました。

今回の記事では、コマカ島のシュノーケルが人気の秘密を3つに分けてご紹介します。

ニモに会えた場所もお伝えします。

コマカ島のシュノーケルが人気の秘密3つ

  • 透明度が高くきれいな海
  • カラフルな魚がたくさん!ニモもいる
  • 沖縄本島から気軽に行ける

それでは、コマカ無人島のシュノーケルが人気の3つの秘密を詳しくお伝えします。

グミ
グミ

シュノーケル、楽しかったです!

カラフルな魚がたくさんいるきれいな海で、気軽にシュノーケルしたい方は、ぜひ読んでみてください。

1.白く美しい砂浜と透明度バツグンのきれいな海

  • まぶしいくらい真っ白な砂浜
  • 透明度の高いスカイブルーの海
  • お散歩してビーチコーミング

コマカ島の白く美しい砂浜と透明度バツグンのきれいな海

コマカ島に着くと、白い砂浜とスカイブルーの海が出迎えてくれます。

グミ
グミ

まぶしいくらい白い砂浜。

まるで遠くの離島にでも来たかのような美しい海。

透明度も高く魚もたくさんいるので、みなさんシュノーケルを楽しみにやってきます。

コマカ島の白く美しい砂浜と透明度バツグンのきれいな海

シュノーケルができるビーチのようすです。

海はきらきら。

とってもきれい!

コマカ島は、島をぐるりとお散歩することもできます。

コマカ島の白く美しい砂浜と透明度バツグンのきれいな海

青い空、青い海、白い砂。

少し歩くと、静かで美しい海が広がっています。

遊泳区域ではないので、人はほとんどいませんでした。

グミ
グミ

お散歩中は日よけ対策必須!

砂浜が真っ白。

とってもまぶしいし、とっても暑いです。

コマカ島のビーチをお散歩

コマカ島のビーチをお散歩

さらに進むとダイナミックな岩がごろごろ。

写真映えしそう。

コマカ島のビーチをお散歩

奥まで来ると、海はほんのり深い青色に。

海沿いでは、ここまでしか行けませんでした。

シュノーケルエリアのビーチからここまでは、のんびり歩いて10分弱。

コマカ島のビーチをお散歩

砂浜には、こんなものがたくさん落ちていました。

グミ
グミ

なんだろう…?

ほかにもキレイな紫のタカラガイ(ハナマルユキ)をいくつか見つけました。

たまには足元を見て、ビーチコーミングを楽しむのもおすすめ。

グミ
グミ

ヤドカリもいますよ。

島の丘の上もぐるりとお散歩できます。暑さ対策をして楽しんでください。

2.浅瀬にも魚がたくさん!コマカ島にはニモもいる

  • コマカ島にいる魚の種類は?
  • 気をつけたほうがいい魚も…
  • 遊泳区域地図とニモの場所

コマカ島は浅瀬にもカラフルな魚がたくさん!ニモもいる

コマカ島では、個人でもシュノーケルを楽しむことができます。

ただし、個人シュノーケルができるのは、遊泳可能区域内のみ。

せまいエリア内しか個人シュノーケルができないことを知ったのは、島上陸後にスタッフの方から島の利用方法について説明があったとき。

グミ
グミ

知ったときはとてもガッカリ。

でも、海に入って、知りました!

エリア内でも魚がたくさん見られることを。

コマカ島でシュノーケリング

シマシマや影が見えているのは、ロクセンスズメダイ。

陸地から撮った写真です。

浅瀬でもこんなにたくさんの魚がいます。

そのためコマカ島は、初心者におすすめのシュノーケルスポットです。

コマカ島で観察できる熱帯魚

コマカ島にある看板

コマカ島で観察できる魚はたくさん。

  • ハマフエフキダイ(タマン)
  • ロクセンスズメダイ
  • ムラサメモンガラ
  • トゲチョウチョウウオ
  • ニシキベラ
  • カクレクマノミ(ニモ)

などなど。

遊泳区域内でも数多くの魚が見られました。

グミ
グミ

ニモにも会えました。

海に入ると、

コマカ島にいる魚の種類!ロクセンスズメダイ・タマンなど

ミナミイスズミとロクセンスズメダイ

たくさんの魚と目が合います。

餌付けされているようで、エサを持っていなくても魚のほうから近寄ってきました。

グミ
グミ

魚はどこまでもついてきます。

コマカ島の浅瀬には、大きな魚もいます。

とても立派な

  • ハマフエフキダイ(タマン)
  • ミナミイスズミ(シチュー)

がたくさん。

グミ
グミ

浅瀬に食べられる大きな魚がいてビックリ!

みんな口をパクパクしていました。

こわい。

ほかにも、チョウチョウウオなど、南国らしいカラフルな熱帯魚も見られました。

でも、なかには気をつけたほうがいい魚も。

コマカ島のムラサメモンガラ

コマカ島のムラサメモンガラ

ムラサメモンガラ

ムラサメモンガラのオスです。

こちらに気づくと、すごい勢いで近寄ってきます。

指を噛まれないように注意してくださいね。

一緒に行った人はエサも持っていないし、なにもしていないのに小指を噛まれてしまいました。

グミ
グミ

わりと痛かったそう。

心配な方は、

  • 手をグーの形にする
  • マリングローブ(軍手などでも)を用意する

といいでしょう。

 

グミ
グミ

行った日の海の透明度は、かなりよかったです。

ブイの近くに行くと、楽しそうなポイントもありました。

しかし、ブイの外にはツアーに参加しないと行くことができません。

コマカ島の個人シュノーケルができるエリアの地図はこちら。

コマカ島の遊泳区域地図

コマカ島にある看板

わたしが行った日に泳げたのは、赤い丸のエリアのみです。

グミ
グミ

ちょっとせまい。

カクレクマノミ(ニモ)を見つけたのは、黄色い丸のエリア

ボート乗り場から、3つ目のブイあたりにいました。

イソギンチャクがあるので、わかると思います。

 

コマカ島に訪れたら、ぜひカラフルな熱帯魚をたくさん探してみてくださいね。

コマカ島のシュノーケルは、ライフジャケット着用が必須です。レンタルするか持参しましょう。

3.本島から気軽に行けて手軽に遊べる!器材のレンタルあり

  • 本島からボートで約15分
  • アクティビティが充実
  • パラソルやシュノーケル器材はレンタルできる

コマカ島のグラスボート

コマカ島には、南城市の知念海洋レジャーセンターにある港からボートで約15分で到着。

沖縄県本島の南部エリア観光の合間にも立ち寄りやすいです。

わたしは約3時間の滞在で、シュノーケル2回と島をぐるりとお散歩して、少しのんびり休憩できました。短時間でも大満喫。

行った日はボートに乗って、8分で島に到着しました。

グミ
グミ

思ったより速い。

乗った船は、グラスボートでした。

コマカ島のグラスボート

ボートは移動中に止まらないので、もちろん魚は見えません。

グミ
グミ

船は、少し縦揺れがありました。

短時間なので、あまり酔わないと思います。

コマカ島の海

移動中もターコイズブルーのきれいな海が楽しめますよ。

コマカ島では、アクティビティも充実。

コマカ島マリンセンター

島に到着すると、マリンカウンターがあります。

コマカ島のアクティビティ

  • バナナボート:大人2,000円、子ども1,000円
  • シュノーケルツアー:大人3,000円、子ども3,000円
  • 体験ダイビング:大人10,000円、子ども10,000円

など。

マリンスポーツが楽しめます。

魚のエサ、魚肉ソーセージ(1本100円)も売っていますよ。

グミ
グミ

餌付けしたい方は、持参するといいかもしれません。

 

また、知念海洋レジャーセンターにはシャワーや更衣室があるだけでなく、レンタル用品も豊富に取り揃えられています。

知念海洋レジャーセンター

知念海洋レジャーセンターの外観

知念海洋レジャーセンター

駐車場から知念海洋レジャーセンターへ行く階段

レンタル用品は、ボートに乗る前に店舗で手続きをおこないます。

  • シュノーケリング4点セット(ライフジャケット、マスク、シュノーケル、フィン):1,500円
  • ライフジャケット:500円
  • ウエットスーツ:1,000円
  • ビーチパラソル:1,000円

など。

レンタル用品が充実しているので、手ぶらで来ても楽しめます。

バーベキューセットも予約できますよ。

 

コマカ島のビーチパラソル

わたしが借りたものは、2つ。

  • ビーチパラソル
  • ライフジャケット

コマカ島は、岩場近くに少しだけ日陰エリアもあります。

ですが、お天気がいい日は、ビーチパラソルがあったほうが安心。

コマカ島のビーチパラソル

グミ
グミ

ビーチテントを持参してる人もいました。

プライベート空間で、荷物を置いたり着替えたりできていいですね。

 

コマカ島の海でシュノーケルマスクをつける場合は、ライフジャケットが必須!

海のなかは意外と深いです。

フィン(足ひれ)もあると動きやすいですよ。

 

わたしが持参したものは、

  • 水着やタオルなど
  • シュノーケルセット
  • 飲み物と軽食
  • レジャーシート
  • 紫外線対策アイテム

など。

シュノーケリングに必要なものは、以下の記事を参考にどうぞ。

→→【保存版】個人シュノーケリングに必要なもの!初心者におすすめ持ち物

 

知念海洋レジャーセンターでは、シートのレンタルはありません。レジャーシートやビーチタオルなどは持参しましょう。

場所は沖縄県本島の南部!行き方やボート料金について

知念海洋レジャーセンター

コマカ島は沖縄本島南部の南城市にあります。

島へは、知念海洋レジャーセンター港からボートでアクセス

ボートに乗って、約15分でコマカ島に到着します。

知念海洋レジャーセンター港の地図はこちら。

那覇空港からは、車で約40分でアクセスできます。

コマカ島へのボートの往復料金は、

  • 大人:2,500円
  • 小学生:1,250円
  • 小学生未満:無料

です。

アクティビティジャパンというサイトから予約すると割引価格になります。

→→アクティビティジャパンで見てみる

知念海洋レジャーセンター港には、船が出発する30分前までに到着することをめざしましょう。

ボートは、天気によって欠航することもあります。事前に、知念海洋レジャーセンターへ電話確認やホームページで運航状況をチェックしましょう。
→→知念海洋レジャーセンター運航状況公式HP

まとめ:沖縄本島から気軽に行けるコマカ無人島の海は美しすぎ

コマカ島のボート乗り場

コマカ島のボート乗り場

以上、無人島「コマカ島」でシュノーケルが人気の3つの秘密をお伝えしました。

コマカ島のポイントは、

  • 白い砂浜と透明度の高いスカイブルーの海
  • お魚がたくさん!個人シュノーケルでも楽しめる
  • 南城市からボートで約15分

です。

気軽に離島の自然が楽しめておすすめ!

コマカ島は、遊泳区域が決まっていて、監視員もいます。

シュノーケル初心者や小さなお子さまでも安心して海が楽しめますね。

本島から短時間で行ける離島を探している方は、ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

沖縄のきれいな海と好奇心旺盛な魚たちが待っています。

 

個人シュノーケリングの準備は、以下を参考にどうぞ。

 

コマカ島のある南城市の飲食店については、以下の記事も参考にどうぞ。

コマカ島の基本情報(知念海洋レジャーセンター)

住所〒901-1400 沖縄県南城市知念久手堅676
地図GoogleMapで開く
営業時間4月~9月 9:00~17:30、10月~3月 9:00~17:00
定休日なし
電話098-948-3355
駐車場無料駐車場70台あり
料金コマカ無人島送迎:大人2,500円、小学生1,250円、小学生未満無料(※最少催行人数2名)
WEBHP
\すべての沖縄記事をみる/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ABOUT ME
グミ

旅大好き。
とくにタイと沖縄が好き。元バンコク在住、現沖縄在住です。タイと沖縄の魅力をたくさんの人に届けたいと思い、ブログ開設。ガイドブックでは、伝えきれない情報をたっぷりとお届けします!

詳しいプロフィールはこちら

沖縄
\この記事をSNSでシェアする/
スポンサーリンク
グミブログ
タイトルとURLをコピーしました