【コスパ】沖縄リゾートホテルランキングTOP7 >>

タイ・カンチャナブリ観光おすすめ女子旅スポット7選【元在住者厳選】

タイ・カンチャナブリ観光おすすめ女子旅スポット7選【元在住者厳選】

タイ「カンチャナブリ(カンチャナブリー)」のおすすめ観光スポットを7つご紹介します。

カンチャナブリーといえば2021年2月に、天然の飲める炭酸水が湧き出したことで話題になりましたね。

参考:カンチャナブリで飲める炭酸水が湧き出す、味は甘め(THAILAND HYPERLINKS)

 

カンチャナブリーはバンコクから近いのにとっても自然豊かなエリアです。

田と川と渓谷にいやされます。

写真映えするスポットも多いので、女子旅にもぴったり!

 

カンチャナブリーの主な見どころは、

  • お寺「ワットタムスア」
  • 田んぼカフェ
  • 橋と線路
  • リバーサイド or 水上ホテル
  • エラワンの滝

です。

今回の記事では、カンチャナブリおすすめスポットの魅力を写真付きで具体的にお伝えします。

 

グミ
グミ

カンチャナブリーの自然が気に入って、バンコク在住中に何度も訪れていました。

カンチャナブリーはバンコクから日帰り観光もできます!

ですが、1泊以上でゆったり自然を満喫するのがおすすめです。

滞在するだけでわくわくするリバーサイドホテルや水上ホテルがリーズナブルですよ♪

 

アクセスしやすく見どころが多いので、タイ旅行リピーターの方にもぴったりの観光地です。

ぜひお出かけ計画の参考に、最後まで目を通してみてくださいね。

スポンサーリンク

タイ「カンチャナブリ」の場所はバンコクから西へ車で約2時間半

ワットタムスア付近の道路には牛がたくさん

タイのカンチャナブリー(Kanchanaburi)は、タイの西部にあります。

バンコクから西へ約110キロメートル。

車で約2時間半の距離です。

地図はこちら。

バンコクからカンチャナブリーへは簡単にアクセスできます!

日帰りで観光できるので、オプショナルツアーでも人気エリアです。

カンチャナブリへの行き方

  • 列車(1日2本)
  • バス
  • ロットゥー
  • レンタカー
  • 運転手付きの車
  • タクシーのチャーター
  • 旅行会社のプライベートツアー

 

カンチャナブリーは公共の交通手段でアクセスしやすい町です。

とくに泰緬鉄道(たいめんてつどう)を通る列車の旅は人気がありますね!

 

グミ
グミ

わたしのおすすめは自由に動けるレンタカーです。

もしくはタクシーや車をチャーターするか、貸し切りのプライベートツアー!

個人で行く場合は割高になりますが、お友達や家族と行く場合は一人当たりの料金で考えると意外と安いですし、なにより快適に楽しめます。

同じ方向のナコンパトムの観光地やカフェにも立ち寄れます♪

もっと気楽に観光できるカンチャナブリー日帰りツアーも。

【バンコク発!カンチャナブリツアー】クウェー川鉄橋+象乗り体験+エラワンの滝

カンチャナブリ市内での移動手段

  • ソンテウ
  • サムロー(三輪車)
  • トゥクトゥク
  • バイクタクシー
  • サイドカータクシー
  • レンタルバイク(1日200バーツ~)
  • レンタル自転車(1日50バーツ~)

カンチャナブリへ公共交通で訪れた場合、市内での移動手段はソンテウやトゥクトゥク、便利なレンタルバイクなどがあります。

バイクタクシーの運転手の方と料金交渉して、目的地まで往復してもらうのがラクだと思います。

【カンチャナブリ観光】鉄道と橋だけじゃない!カンチャナブリでしたいこと7つ

【カンチャナブリ観光】鉄道と橋だけじゃない!カンチャナブリでしたいこと7つ

わたしが実際に行ってみて楽しかった、カンチャナブリーのおすすめ観光を7つを紹介していきます。

カンチャナブリ観光おすすめ7つは、

1.絶景の映え寺
2.人気の田んぼカフェ
3.大きな木
4.泰緬鉄道が通る橋2つ
5.メロンレストラン
6.リバーサイドホテル
7.エラワンの滝

です。

グミ
グミ

1~5までは日帰り観光もOK!

7のみも日帰り観光できます。

お時間のある方はぜひ、リバーサイドホテルに泊まってカンチャナブリーの大自然をたっぷり満喫しましょう。

カンチャナブリ観光1.絶景のお寺「ワットタムスア」で田園風景を眺める

カンチャナブリ観光1.絶景のお寺「ワットタムスア」

  • 塔の上から緑の絶景
  • めずらしい佇まいの金ピカ巨大仏像
  • 入場無料

 

カンチャナブリーで大人気のお寺「ワットタムスア」。

(クラビーにも同じ名前のお寺がありますね。)

丘の上にあるため、カンチャナブリーの景色をぐるっと一望できます。

とくに仏塔の最上階からの眺めが美しい!

緑ののどかな田園風景とさわやかな風にいやされました。

 

お寺や仏像は金色。

ユニークな形の仏塔や大仏は、ピカピカ輝いています。

 

ワットタムスアの入場料は無料。

お寺までの階段はケーブルカー(20バーツ)を使うとラクですよ。

 

■ワット・タムスア(Wat Tham Suea)วัดถ้ำเสือ
・住所:Muang Chum, Tha Muang District, Kanchanaburi 71110
・地図:GoogleMapで開く
・営業時間:8:00~17:00
・入場料金:無料

カンチャナブリ観光2.田んぼカフェ「MEENA Cafe」と「Rakkanna Noodle & Cafe」

カンチャナブリ観光2.田んぼカフェ「MEENA Cafe」と「Rakkanna Noodle & Cafe」

  • 広大な田んぼビュー
  • カフェもごはんもおいしい
  • リーズナブル

カンチャナブリーのお寺「ワットタムスア」周辺には、田んぼカフェがたくさん!

わたしのおすすめは「MEENA Cafe」と「Rakkanna Noodle & Cafe」。

どちらもごはんが安くておいしかったので、ランチ休憩にもいいです。

そして撮影スポットも充実。

SNSを確認したところ、わたしが訪れたときよりもさらにパワーアップしていました!

「MEENA Cafe」

「MEENA Cafe」

ワットタムスア周辺のカフェでおそらくいちばん人気のお店。

MEENA Cafeからは正面にお寺がきれいに見えます。

敷地内の田んぼエリアには、インスタ映えしそうな撮影スポットがたくさん!

エアコンのよく効いた室内では、カフェメニューが楽しめます。

室内からもお寺と田んぼビュー。

広いソファー席もあります。

 

左:豚肉のガパオ、右:鶏肉のガパオ

ごはん系は、お店左手の外のエリアで注文できます。

ポークのガパオがおいしい!

少し辛めだったので、辛さが苦手な方は注文するときに「マイ ペッ カー(タイ語で辛くしないでください)」と伝えると安心です。

 

カンチャナブリ観光2.田んぼカフェ「MEENA Cafe」と「Rakkanna Noodle & Cafe」

外は暑いですが、田んぼの雰囲気がいいのでつい長居してしまいますね。

 

■MEENA Cafe
・住所:75/18 Muang Tambon Muang Chum, Amphoe Tha Muang, Chang Wat Kanchanaburi 71110
・地図:GoogleMapで開く
・営業時間:8:30~18:30
・定休日:水曜日

「Rakkanna Noodle & Café Kanchanaburi」

「Rakkanna Noodle & Café Kanchanaburi」

「Rakkanna Noodle & Café Kanchanaburi」はクイッティアオのお店です。

こちらも人気店。

お寺と田んぼを見ながら、おいしい麺が食べられます。

 

ごはんメニュー

ドリンクメニュー

フードはタイ語のメニューしかなくて「…?」って顔をしていたら、タブレットでメニューの写真を見せてくれました。

(困ったらお店のGoogleMapの写真から食べたいものを指差せばOKです。)

トムヤムヌードルとチキンとドリンクを注文。

麺とスープは選べます。

トムヤムヌードル

トムヤムヌードルは具だくさんでおいしかったです。

同行者は麺をおかわりしていました。

量はやや少なめかもしれませんね。

 

食後はドリンク片手に敷地内をお散歩。

タイのカフェはどこを撮っても絵になります。

 

■Rakkanna Noodle & Café Kanchanaburi
・住所:88 Muang Chum, Tha Muang District, Kanchanaburi 71110
・地図:GoogleMapで開く
・営業時間:8:30~19:00

カンチャナブリ観光3.この木なんの木♪と同じ「巨大な合歓の木(ねむのき)」

カンチャナブリ観光3.この木なんの木♪と同じ「巨大な合歓の木(ねむのき)」

巨大な合歓の木

  • 直径約50メートルの木
  • 樹齢100年以上
  • 見学無料

カンチャナブリには、とっても大きな有名な木「巨大な合歓の木(ねむのき)」があります。

「ジャイアント・モンキーポッド・ツリー」とも呼ばれています。

そしてタイ国内で一番大きい木だとか。

 

木陰は涼しい

なんと「この木なんの木♪気になる木~♪」のハワイにある「日立の樹」と同じ木らしいです。

本当に大きい木!

高さは約20メートル、上から見た全体の直径は約50メートルという巨木です。

樹齢は100年以上。

自然のパワーを感じますね。

 

青いトカゲ

青い立派なトカゲもいました。

お寺「ワットタムスア」から車で約15分と近いので、ぜひついでに立ち寄ってみてくださいね。

駐車場は木の敷地すぐ横にありました。

次回は花が咲いているときに訪れて、ネムノキのほわほわのお花も見てみたいです。

 

■巨大な合歓の木(ジャイアント・モンキーポッド・ツリー)ต้นจามจุรียักษ์
・住所:Ko Samrong, Mueang Kanchanaburi District, Kanchanaburi 71000
・地図:GoogleMapで開く
・営業時間:平日8:30~16:30、土日8:30~17:00
・入場料金:無料

カンチャナブリ観光4.泰緬鉄道が通る「クウェー川鉄橋」と「アルヒル桟道橋」

カンチャナブリ観光4.泰緬鉄道が通る「クウェー川鉄橋」と「アルヒル桟道橋」

  • 映画「戦場にかける橋」の舞台
  • 線路(橋)の上を歩ける
  • 列車に乗車すると迫力の景色も

 

カンチャナブリー観光といえば「泰緬鉄道(たいめんてつどう)」を思い浮かべる人も多いはず。

映画「戦場にかける橋」の舞台として有名です。

バンコク発の日本人向けオプショナルツアーもたくさんあります。

 

 

泰緬鉄道のおもな見どころは以下の3つ。

  • クウェー川鉄橋
  • チョンカイの切り通し
  • アルヒル桟道橋

 

今回は車でもアクセスできる「クウェー川鉄橋」と「アルヒル桟道橋」をご紹介します。

どちらの橋も、電車が通らないときは線路の上を歩けます。

線路と列車と川、景色がよく写真映えもばっちりです。

 

岩すれすれを通ってスリル満点「チョンカイの切り通し」を楽しみたい方は、ぜひ列車に乗車してみてくださいね。

 

泰緬鉄道とは、太平洋戦争中に旧日本軍によってつくられたタイとミャンマー(ビルマ)を結んでいた鉄道です。タイ・ノンプラドックからミャンマー・タンビュザヤまでの全長415キロメートルを、1年3カ月というスピードで完成させました。過酷な労働環境や食料不足などから、およそ10万人ととても多くの死者を出したことで、「死の鉄道 (Death Railway)」とも呼ばれています。現在では、カンチャナブリーの雄大な景色が楽しめることもあり、世界中の観光客から人気の観光名所です。とても美しい場所ですが、戦争の悲惨な背景があることは知っておきましょう。

クウェー川鉄橋(戦場にかける橋)

クウェー川鉄橋(戦場にかける橋)

クウェー川鉄橋は「戦場にかける橋」のモデルの橋です。

橋はクウェー・ヤイ川にかかっています。

 

カンチャナブリーの人気の観光スポットです。

列車が通らないときは橋の上を歩いて渡れます。

 

線路の上はいつも写真を撮る人でにぎわっています。

橋には列車が通るときに避けられるスペースがあって、列車を間近で見ることもできますよ。

 

バンコクに戻る前、夕方に立ち寄ったときはライトアップしていました。

昼間とはちがった雰囲気できれいです。

 

■クウェー川鉄橋(戦場にかける橋)The Bridge Over River Kwai
・住所:Tha Ma Kham, Mueang Kanchanaburi District, Chang Wat Kanchanaburi 71000
・地図:GoogleMapで開く
・営業時間:24時間営業
・入場料金:無料

アルヒル桟道橋(クラセー桟道橋)

アルヒル桟道橋(クラセー桟道橋)

アルヒル桟道橋は、絶景が望めるスポットです。

そしてここが「死の鉄道 (Death Railway)」とも呼ばれる場所です。

 

断崖絶壁の岩と、橋から見下ろせるクウェー・ノイ川の眺めがとってもいい!

カンチャナブリーの自然を感じることができます。

しかしこのとても巨大な岩を切り開いて鉄道ができたと思うと…。

 

駐車場(GoogleMapで開く)からタムクラセー駅までは徒歩数分。

お土産屋さんがずらりと並んでいて楽しい雰囲気です。

藍染めの洋服なども安かったですよ。

 

カセー洞窟

カセー洞窟

橋の線路を歩いてすぐ「カセー洞窟」があります。

なかには黄金の仏像があって、洞窟内は自由に見学できます。

 

アルヒル桟道橋も列車が通らないときは、線路の上を歩けます。

立ち止まって写真撮影をする人がたくさん!

 

横も下も柵などないので、ちょっとこわかったです。

とくにお子さまと歩いて渡る場合は、十分気をつけましょう。

 

■アルヒル桟道橋(クラセー桟道橋)
・住所:Unnamed Rd, Lum Sum, Sai Yok District, Kanchanaburi 71150
・地図:GoogleMapで開く
・営業時間:24時間営業
・入場料金:無料

カンチャナブリ観光5.人気レストラン「Keeree Mantra Kanchanaburi」と「The Village Farm To Café」

カンチャナブリ観光5.人気レストラン「Keeree Mantra Kanchanaburi」と「The Village Farm To Café」

  • お庭が広いレストラン
  • カフェはメロンメニューが人気
  • サイクリングも楽しめる

 

カンチャナブリーの人気レストラン「Keeree Mantra Kanchanaburi」。

車でお店の前を通り過ぎたときに、外観が立派で目立っていて気になったので立ち寄ってみました。

お店に入ってびっくり。お庭がとっても広い!

 

敷地内に2つの飲食店があります。

  • Keeree Mantra Kanchanaburi(レストラン)
  • The Village Farm To Café(カフェ)

駐車場から見て、左がレストラン、右がカフェです。

ごはんとカフェで2つとも入りました。

 

どちらも比較的リーズナブル。

エアコンの効いた室内と開放的な眺めのテラス席があります。

そしてどちらもトイレがきれい!

 

山をバックに、噴水とかわいい木がポイントのお庭があります。

敷地内ではサイクリングも楽しめますよ。

小さな池

メロンのハウス栽培

アヒルの暮らす小さな池やメロンのハウス栽培も見られました。

食後のお散歩にいいですね。

タイ人のみなさんはのんびり写真撮影していました。

Keeree Mantra Kanchanaburi(レストラン)

Keeree Mantra Kanchanaburi(カンチャナブリーのレストラン)

ナムプリック

開放感のあるお庭と山を眺めながら、タイ料理を食べられます。

ゆったり景色を楽しむなら、テラス席がおすすめ。

木陰で大きな扇風機もあるので、そこまで暑くなかったです。

 

タイ料理はやや辛め。

普通においしい。

とくにナムプリックが気に入りました。

2人で4品でお腹いっぱい。

 

■Keeree Mantra Kanchanaburi
・住所:K88/8 ม.4 ถ.แสงชูโต Nong Bua, Mueang Kanchanaburi District, Kanchanaburi 71190
・地図:GoogleMapで開く
・営業時間:10:00~22:00

The Village Farm To Café(カフェ)

The Village Farm To Café(カンチャナブリーのカフェ)

メロンのデザート

食後、別腹のデザートを食べにカフェ「The Village Farm To Café」へ。

涼しい店内でメロンのデザートプレートをいただきました。

楽しみにしていたメロンはまだ固めで甘くなかったです。残念。

ほかのメロンパンやアイスはわたしには甘すぎました。

 

カフェのごはんメニュー(洋食系)がおいしそうでした!

タイ料理に飽きている方は、カフェでのお食事がいいかもしれません。

クラフトビールの種類もたくさんありましたよ。

 

■The Village Farm To Café
・住所:ทล 323 Sangchuto Rd, Nong Bua, Mueang Kanchanaburi District, Kanchanaburi 71190
・地図:GoogleMapで開く
・営業時間:平日10:30~21:00、土日9:30~21:00

カンチャナブリ観光6.リバーサイドや水上ホテルに泊まって自然を感じる

カンチャナブリ観光6.リバーサイドや水上ホテルに泊まる

  • 水上ホテル
  • リバーサイドホテル
  • グランピングやキャンプも

 

カンチャナブリは川沿いのホテルが充実しています。

リバーサイドホテルはバンガロータイプやキャンプ、グランピングが楽しめるところが人気ですね。

リバーサイドだけでなく、水上ホテルもたくさんあります!

宿泊料金はピンキリ。

バックパッカーの方でも気軽に泊まれるリーズナブルな水上ホテルから、カップルやファミリーにおすすめのリゾートタイプまで種類豊富です。

カンチャナブリーおすすめホテル5選

 

泊まりでカンチャナブリ旅行するときは、リバーサイドホテルに泊まってみてはいかがでしょうか。

大自然に囲まれたいやしのひとときを、リーズナブルに満喫できます。

カンチャナブリーのホテル一覧

 

関連記事:カンチャナブリの水上ホテルで流れ星を見よう!ザフロートハウスリバークワイ

カンチャナブリ観光7.「エラワン滝」の7つの滝をトレッキングでめぐる

カンチャナブリ観光7.「エラワン滝」の7つの滝をトレッキングでめぐる

  • タイで最も美しい滝
  • 7つの滝をトレッキングでめぐる
  • 天然のドクターフィッシュ

 

エラワンの滝は「タイでいちばん美しい滝」と言われています。

カンチャナブリーの街から少し離れた「エラワン国立公園」内にあります。

全長1500メートルの間に、7段の滝が点在。

  • 滝つぼで水遊びできる滝
  • ドクターフィッシュがいる滝
  • 落差が大きい滝 など

トレッキングしながら、7つの滝をめぐっていきます。

 

エラワンの滝の7つの滝の詳細

7つの滝一覧

7つの滝の特徴は以下です。

  1. Lai Kun Rang(元に戻る滝)
  2. Wang Mat Cha(魚のいる滝、人が多い)
  3. Pha Nam Tok(岩壁の滝、裏側に行ける)
  4. Oke Nang Phee Sue(鬼女の胸、滝滑りできる)
  5. Buar Mai Long(決して退屈しない場所、石灰棚がきれい)
  6. Dong Pruk Sa(森のある滝)
  7. Phu Pha Erawan(エラワンの岩壁、迫力のエラワン滝)

エラワンの滝での所要時間は、2時間半~半日くらい。

わたしは滝遊びなしで3時間くらい滞在しました。

 

1番目の滝付近

4番目の滝

5番目の滝

エラワンの滝は水の色が美しい!

滝つぼは濃いエメラルドグリーン。

オフホワイトのなめらかな石灰棚に流れる滝は、あわい水色。

グラデーションがとってもきれいです。

 

2番目のエラワン滝

2番目の滝

大きめのドクターフィッシュは痛い

2番目の滝周辺では、ピクニックを楽しむタイ人ファミリーが多かったです。

3番目以降は欧米の観光客が多め。

奥のほうがとくに水の色がきれいでした。

 

7番目のエラワン滝Phu Pha Erawan

7番目のエラワン滝

15時半くらいから奥の滝から順にスタッフの方とともに帰らされたので、ゆっくり楽しみたい方は早めに到着しましょう。

 

ほぼ水着にビーチサンダルでトレッキングをしている人もいますが、滑りやすいので靴はスニーカーがおすすめ。

KEENのサンダルのような靴だと、滝でもそのまま遊べて便利です。

 

駐車場には大きなブタさんが数匹いました。

駐車場から滝の入り口までは、トレッキングに備えて体力温存するためにもカート(30バーツ)で移動するとラクです。

 

エラワン滝の帰りにコーヒーが飲みたくて立ち寄った、滝近くのカフェ「Khob Ang Cafe」からはダム湖の絶景が眺められました!

バナナサービスあり。

庭園にはお花もたくさんで、トレッキングの疲れもいやされました。

 

「エラワンの滝」だけなら、バンコクから日帰り観光で訪れることもできます。

タイでいちばん美しい滝を見に、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

 

■エラワンの滝(Erawan Falls)
・住所:Tha Kradan Si Sawat, Kanchanaburi 71250
・地図:GoogleMapで開く
・営業時間:8:00~16:30
・エラワン国立公園入場料金:300バーツ(外国人料金)

番外編:カンチャナブリのお土産はとっても甘いメロン!バンコクより安い

カンチャナブリ観光番外編:お土産はとっても甘いメロン!バンコクより安い

カンチャナブリーのメロン

カンチャナブリーは「メロン」が名産なのでしょうか。

カンチャナブリーの道沿いには、たくさんメロン露店が並んでいました。

試食あり。

2つで100バーツ(2種類)を買ってみました!

グミ
グミ

バンコクで買うより安すぎる。

ウリみたいな黄色のメロンと、マスクメロンみたいな緑のメロン。

両方ともとっても甘くておいしかったです。

カンチャナブリご当地(かもしれない)フルーツ、ぜひ見つけたら買って食べてみてくださいね。

まとめ:カンチャナブリは自然豊かな観光スポット!バンコクからの週末トリップにも◎

まとめ:カンチャナブリは自然豊かな観光スポット!バンコクからの週末トリップにも◎

以上「タイ・カンチャナブリ観光おすすめ女子旅スポット7選」についてお伝えしました。

1.絶景の映え寺
2.人気の田んぼカフェ
3.大きな木
4.泰緬鉄道が通る橋
5.メロンレストラン
6.リバーサイドホテル
7.エラワンの滝

 

カンチャナブリは川や渓谷などの大自然でリフレッシュしたい方におすすめのスポットです。

バンコクからも車で約2時間半と近いです。

お寺やカフェなどフォトジェニックなスポットも多くて、女子旅にもぴったり。

アクセスしやすく見どころも盛りだくさんで、タイ旅行リピーターの方にもおすすめです。

 

ほかにも象と触れ合えるエレファントキャンプやクメール遺跡、ヒンダート温泉なども。

カンチャナブリーに行くときには、ぜひ鉄道以外の観光スポットにも足を運んでみましょう。

 

バンコク発の日帰りオプショナルツアーもあります。

日本語ガイドさんが専用車でスムーズに案内してくれるので、ラクですよ。

効率良く人気の観光名所をまわってくれるので、時間の限られた観光客の方や、タイ語や移動手段に不安のある方におすすめ♪

【バンコク発!カンチャナブリツアー】クウェー川鉄橋+象乗り体験+エラワンの滝

 

カンチャナブリー旅行を計画している方は、以下からホテルチェックできます。

▶カンチャナブリーのホテル情報

 

\すべてのタイ記事をみる/
この記事に掲載している写真は、おもに2019年に撮影したものです。お出かけの際には必ずご自身で公式サイトやSNSなどで最新情報をご確認ください。
ABOUT ME
グミ

沖縄・本島在住(2019年~)
好きなものはビールと沖縄そば。沖縄在住者と旅行者、沖縄好きな方に向けて、沖縄情報をメインに発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /
タイ旅行/バンコク移住生活
\この記事をSNSでシェアする/
スポンサーリンク
るるぶを無料で今すぐ読む

最強ガイドブックの「るるぶ沖縄」はKindle Unlimited 読み放題の対象です!30日間無料体験なら完全無料で「まっぷる沖縄」など200万冊以上も読めますよ。読書の秋にも♪

国内旅行はJALパックがお得♪

タイムセールでさらにお得!最大30,000円割引クーポン配布中。予約者限定の「びっくりオプション」は100円からバスツアーや観光体験が楽しめますよ♪

遊び体験・チケット予約を安く!

アソビューは日本最大級の遊び予約サイトで、割引プランがたくさん!とくにシュノーケリングやダイビングライセンス取得は格安。最安値保証あり♪

沖縄のグミブログ