【コスパ】沖縄リゾートホテルランキングTOP7 >>

プラートゥー(グルクマ)はタイでよく食べる首折れ魚!食べ方や味など

タイの首折れ魚「プラートゥー」

あなたも一度は見たことがあるでしょうか。

先日、沖縄の漁港食堂で「プラートゥー」を生で食べました。

和名は「グルクマ」です。

そこで今回はタイ・バンコク生活でいちばん食べた魚「プラートゥー(グルクマ)」についてまとめした。

グミ
グミ

写真付きでお伝えします。

お魚好きの方はぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

「プラートゥー(ปลาทู)」はタイでよく食べる首折れ魚

タイでよく食べる首折れ魚「プラートゥー(ปลาทู)」

プラートゥー1匹85バーツ(バンコク伊勢丹)

プラートゥー(ปลาทู)とは、タイの大衆魚。

サバ科の海水魚です。

プラーラーン(ปลาลัง)やプラートゥームーン(ปลาทูโม่ง)とも呼ばれます。

 

スーパーや市場でよく見かける魚ですよね。

リーズナブルな屋台やフードコートからレストランまで幅広いお店で食べられます。

 

プラートゥー2匹25〜35バーツ(メークローン市場)

市場では2匹で約100円。

サイズは約20cm。

グミ
グミ

丸いカゴに入っていて、ちょっとかわいい。

写真は線路脇にあって鉄道が横切ることで有名な「メークローン市場」のもの。

 

カゴに入ったプラートゥーは、内臓など処理して蒸されています。

蒸して干物にすることで、長期保存しやすくなるそう。

ちなみに気になる首折れの理由は、蒸すための丸いカゴに入れやすくするためだとか。

「プラートゥー」の和名(沖縄名)は「グルクマ」

タイで食べる首折れ魚の和名(沖縄名)は「グルクマ」

プラートゥーの和名は「グルクマ」。

沖縄県では「グルクマー」と語尾を伸ばして呼ばれます。

 

「クンジャンサバ」とも言います。

クンジャンとは沖縄本島北部の国頭村(くにがみそん)のこと。

グミ
グミ

国頭村の食堂では、刺身盛り合わせの一つとしてグルクマのお刺身が出てきました。

 

ちなみにプラートゥーの英名は「Indian mackerel」。

インド太平洋にいるサバということでしょうか。

「プラートゥー(グルクマ)」は日本の沖縄でも水揚げされる

プラートゥー(グルクマ)は沖縄以南の熱帯・亜熱帯地域の沿岸に広く分布しています。

日本ではほとんど沖縄でしか水揚げされていない魚です。

 

グルクマは鮮度落ちが早いので、スーパーではほとんど見かけません。

 

ですが釣り人のあいだでは、おいしい魚として人気ですよ。

グルクマは年中釣れます。

旬は夏から秋で、サイズは約30cm。

グルクマと似た名前の魚に「グルクン」がいます。グルクンは沖縄を代表する魚で県魚です。グルクンはタカサゴ科なので、サバ科のグルクマとは見た目も味もぜんぜん違います。

プラートゥー(グルクマ)の食べ方と味!タイと沖縄

プラートゥー(グルクマ)の食べ方と味を、タイと沖縄別にまとめました。

ではタイから紹介していきます。

プラートゥーの食べ方と味(タイ)

プラートゥーの食べ方と味(タイ)

カフェのプラートゥー

プラートゥーの食べ方はいろいろ。

  • 揚げる
  • 焼く
  • カレー煮 など

 

プラートゥーの身だけをほぐしたお弁当や料理は食べやすかったですよ。

 

ほかにも、

  • 揚げ焼きにしたプラートゥー
  • ナムプリックというタイのディップ
  • 野菜
  • 卵系
  • ごはん

のセットメニューをよく食べました。

 

フードコートのプラートゥー

 

プラートゥーの味は、アジに似ています。

わたしはタイで生活している間ずっと、アジだと思って食べていました。

見た目も小ぶりでアジのようです。

グミ
グミ

普通においしい。

身はとくにクセもない。

ちなみに付属のディップは、クセがすごいです。

グルクマの食べ方と味(沖縄)

引用:Instagram(OSC)

 

グルクマの食べ方はサバといっしょ。

  • 刺身
  • しめ鯖
  • 焼く
  • 揚げる
  • 煮る など

 

グルクマはお刺身がとってもおいしいです!

しかし鮮度が落ちやすいので、しめ鯖のように〆て食べるのもおすすめ。

自分でグルクマを釣って食べる場合、寄生虫のアニサキスによる食中毒には注意しましょう。

 

グルクマの炙り刺身

 

グルクマの味はサバに似ています。

炙り刺身はとてもおいしい、サバの炙りのようでした。

見た目も小ぶりのサバです。

グミ
グミ

脂がのっていて美味~。

 

沖縄の漁港食堂や居酒屋で見かけたら、ぜひ一度食べてみてください。

【国頭港食堂】国頭村で超新鮮海鮮ランチ!夜も営業│沖縄北部グルメ

「プラートゥー(グルクマ)」は日本の水族館でも見られる

タイで食べる首折れ魚は日本の水族館でも見られる

沖縄美ら海水族館「黒潮の海」

実は、プラートゥー(グルクマ)は水族館でも見られます。

グルクマは食べるだけでなく、観賞用としても人気のお魚なんです。

大きな群れで泳ぐ姿がポイント!

美ら海水族館ではジンベイザメのいる「黒潮の海」大水槽で泳いでいますよ。

なんと沖縄美ら海水族館は、2019年に世界初のグルクマ繁殖にも成功しています。

大きく口を開けて泳ぐ姿がかわいい

大きく口を開けて泳ぐ姿がかわいいグルクマ

沖縄美ら海水族館「黒潮の海」

グルクマは餌を食べるときに、口を大きく開けて泳ぎます。

群れのみんなが口を開けて泳ぐ姿はとってもユニーク。

かわいいですよ!

グミ
グミ

ずっと見ていても飽きません。

口を開けている姿はもちろん水族館でも見られます。

沖縄の美ら海水族館やライカム(イオン)にも

沖縄の美ら海水族館やライカム(イオン)にも

イオンモール沖縄ライカムの大水槽

グルクマは、沖縄では美ら海水族館だけでなく、イオンモール沖縄ライカムの大水槽「ライカムアクアリウム」にもいます。

グミ
グミ

水族館より小さい水槽なので近くで見られる!

だいたい水槽の上のほうにいます。

立ち寄ったさいには、ぜひ探してみましょう。

口を開けているときはかわいくて、口を閉じているときはかっこいいですよ。

プラートゥー(グルクマ)が見られる日本の水族館一覧

グルクマ(プラートゥー)が見られる日本の水族館は以下です。

  • 沖縄美ら海水族館
  • 鴨川シーワールド
  • サンシャイン水族館
  • 葛西臨海水族園
  • アクアパーク品川
  • 鳥羽水族館
  • 大阪海遊館
  • かごしま水族館

2021年6月現在、8つの水族館で展示されています。

ぜひ訪れたさいには、グルクマが大きな口を開けて泳ぐキュートな姿を、忘れずに見てみてくださいね。

以下のサイトで割引チケットをチェックできます。

アソビュー!全国の水族館割引クーポン│水族館が最安値で見つかる

まとめ:「プラートゥー(グルクマ)」はタイで食べる首折れ魚!水族館や沖縄にも

まとめ:タイで食べる首折れ魚プラートゥーの和名はグルクマ!水族館や沖縄にも

プラートゥーのキーホルダー

以上、「プラートゥー(グルクマ)はタイでよく食べる首折れ魚!食べ方や味など」についてご紹介しました。

プラートゥーとは、

  • タイの大衆魚
  • タイでは首折れで販売
  • 和名はグルクマ
  • 沖縄県では刺身でも!
  • 水族館でも人気
  • 口を大きく開けて泳ぐ

です。

プラートゥーはタイだけでなく、日本の沖縄でも食べられている魚。

タイではキーホルダーやマグネット、Tシャツなどのモチーフとしても人気です。

グミ
グミ

マグネットを持っています!

ぜひタイでプラートゥー料理を食べて、お土産にプラートゥーグッズを買ってみてはいかがでしょうか。

\すべてのタイ記事をみる/
ABOUT ME
グミ

沖縄・本島在住(2019年~)
好きなものはビールと沖縄そば。沖縄在住者と旅行者、沖縄好きな方に向けて、沖縄情報をメインに発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

\ Follow me /
タイ旅行/バンコク移住生活
\この記事をSNSでシェアする/
スポンサーリンク
るるぶを無料で今すぐ読む

最強ガイドブックの「るるぶ沖縄」はKindle Unlimited 読み放題の対象です!30日間無料体験なら完全無料で「まっぷる沖縄」など200万冊以上も読めますよ。読書の秋にも♪

国内旅行はJALパックがお得♪

タイムセールでさらにお得!最大30,000円割引クーポン配布中。予約者限定の「びっくりオプション」は100円からバスツアーや観光体験が楽しめますよ♪

遊び体験・チケット予約を安く!

アソビューは日本最大級の遊び予約サイトで、割引プランがたくさん!とくにシュノーケリングやダイビングライセンス取得は格安。最安値保証あり♪

沖縄のグミブログ